ドライブレコーダーの最新機能

2017年に「あおり運転」による交通事故が発生してからドライブレコーダーの需要は急速に伸び、同時に高性能のドライブレコーダーが販売されるようになりました。最新機能について紹介します。

高画質

交通事故が発生した時の潔白を示すため、あおり運転などの被害に遭った際の証拠として高画質であるほど、鮮明な映像を捉えることができます。最新機能では約200万画素が標準的になっています。従来の約92万画素から比べると画質の高さを追求していることが分かります。

録画以外の機能も充実

ドライブレコーダーは録画機能に特化するだけでなく、安全機器としての機能を合わせ持つようになりました。前を走る車との距離を判断し、近づき過ぎた場合には合図を出す機能や走行レーンからはみ出しそうになった時の警報音、駐車中のトラブルを監視する機能を持つものもあります。最新の車体にはすでに付随している機能もありますが、合わせて安全性をカスタマイズできるのも魅力ですね。

今後の最新機能に注目

ドライブレコーダーは紹介した機能以外にも最新機能が目白押しの機器です。安全性の観点からも今後、さらに新しい機能を見せてくれるでしょう。注目です。

Related Post